阪急西宮北口駅、南改札口から南へ徒歩3分

主として、消化管(上部:胃、食道、十二指腸、または、下部:大腸)を造影剤を用いて、その壁の変化を見る検査です。この検査は、造影剤(バリウム)を飲んで、食道、胃・十二指腸(以下、上部消化管)へのバリウムの流れや通過の様子、各臓器の形や動き、粘膜の状態を見る検査で、上部消化管の機能や潰瘍、がん、ポリープなどの病変の診断に用いられます。検査はレントゲン透視装置を用いて行います。この装置はエックス線を用いて、造影剤(バリウム)の流れや溜まった状態をモニタを介してリアルタイムで観察することができます。さらに、最近の透視装置は、リモートコントロールで透視台を動かしながら、最適の位置で上部消化管のエックス線写真撮影を行うことができるようになっています。ただ現在では内視鏡検査を行うことが、多いと思われます。